「検査業務」から
より高度で高品質な「検査サービス」へ
臨床検査システム
GMES
主な特徴
GMES(ジーメス)はデータベースに世界標準のOracleを採用。
様々な検査データを臨床に迅速に活かせる、拡張性と柔軟性に優れたシステムです。
高機能なシステム運用で検査業務の効率化に貢献
GMESは業務効率化・見える化を推進し、病院施設全体のサービス力向上に大きく寄与します。
GMES 各種機能
検査の進捗状況をリアルタイムで表示
検体の受付・到着時間や検査データの確定状況・再検状況・報告書発行状況等を検査監視モニターにリアルタイムで表示します。
また、一分野の進捗を詳細に表示するシングルフィルタ画面と、各分野の進捗を一目で把握可能なマルチフィルタ画面があり、ワンタッチで切替可能です。
シングルフィルタ画面
検体監視画面シングルフィルタ
ワンタッチで切替可能
マルチフィルタ画面
検体監視画面マルチフィルタ
シングルフィルタ画面
マルチフィルタ画面
検体監視画面シングルフィルタ
検体監視画面マルチフィルタ
ワンタッチで切替可能
各種データチェック機能を搭載
測定結果をリアルタイムで上下限チェック・項目間比チェック・前回値チェック・累積デルタチェックが可能です。
また再検指示と、初回値と再検値との比較・選択が可能です。
検体別データ画面 前回値・基準値チェック
再検データ選択画面 初回値・再検値比較
外部データ出力機能
検体の属性や検査結果をCSV形式で出力。Excel等の外部ソフトへの入力も可能です。
またGMESメディアポータブルを使えばUSBやCD-Rに患者様の時系列データを出力できます。
GMES Media Portable
・転院時や学会等でのデータ
・インフォームドコンセント
・オフラインで使用しているパソコンでデータを参照したい
・患者様にサービスとしてデータを渡す
…など様々なシーンで利用できる可能性があります
他システムへのオンライン接続
オーダリングシステム・医事システム・健診システムをはじめとする他のシステムとの接続実績に優れています。
24時間運用で、日付更新や起動が不要
24時間運用が可能で、往来システムでの日付更新や自動分析装置とのオンライン開始処理などが不要です。
各端末・プリンター・自動分析装置をネットワークで接続
各端末・プリンター・自動分析装置のネットワーク接続が可能なので、分析装置に対して端末が必ずしも必要でありません。
検査室内の端末数を増やさなくても良く、設置レイアウトも自由です。
各種帳票出力にも幅広く対応
ドットプリンター、レーザープリンターによる出力が可能で、
印字文字の大きさ・品質を柔軟に変更し、高品質な文字印字や蛋白分画の波形印字やカラー印字が可能です。
システム構成図
システム拡張性と柔軟性に優れているので、施設規模やニーズに応じた設計が可能。
将来のシステム拡張にも、必要な部分だけをアップグレードすることで能力の増強が可能です。
システム構成図
臨床検査関連システム納入実績
診療所・大学病院、検査センター等、
ユーザーネットワークはますます広がっています。
納入実績

全国 338 施設

2020年12月現在

北海道・東北

57

関東

109

甲信越・北陸

52

東海

103

近畿

14

中国

2

四国

1

製品に関するご質問やお申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 お問い合わせ